奨学金の取り立て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

生きていくにはお金が必要ですよね。食べ物を買うのにもお金。部屋を借りるのにもお金大学に通うのにも、お金が必要です。でも、両親が居て2人とも健康な家庭ならともかく、片親しか居ない母子家庭の子どもはどうしたら良いのでしょう?

生活だけでも苦しいのに大学に通わせるお金の余裕なんて、ある筈がありません。なので、母子家庭の子どもは高校を卒業したら、就職に付くのが一番の親孝行だと思い就職するんですね。

でも、夢を諦めきれない子どもは奨学金を借りてでも大学に通おうと頑張ります。でも、奨学金もいわば借金。大学に在学中は返済しなくて良くても、卒業したら返さなくてはいけません。でも、この厳しい不景気の世の中就職するだけでも困難です。

なので、卒業してもフリーターの人が増えているんだとか。そのフリーターの人達からも毎月、奨学金を返済しろと催促が来ます。その勧告を無視し続けるとブラックリストに登録されて、クレジットカードが作りにくくなり更には提訴までされるそうです。

本来、学生の支援機構なのに逆に学生を追い詰めてしまっている現状は胸が痛くなりますね。もうちょっと返済条件を緩くして、学生の子ども達を安心させて欲しいものです。奨学金をチャラにさえすれば、お店でのびのび遊べる筈ですしね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る