災害用のロボット

あの大地震からもう一年以上経ちました。
でも、未だに復興というには程遠く
東北は未だにあの大地震の傷跡が癒えないままです。
そして、未だ解決されていない問題の一つに
未だに住民が家に帰れない
福島第一原子力発電所の事故があります。
私も「あれは管理者の管理がずさんで起きた事故」
など色々な物議を醸し出しているのは知っています。
確かに原発を稼働させないと電気代が高くなり
日本の工業系が悲惨な事になりますし、
逆に原発の危険性を重要視し
もう原発をゼロにしたいという気持ちも分かります。
ただ、現実問題として、
まずは福島第一原発の今も続いている事故を
収束させなくてはいけません。
しかし放射線量が高く人間が生身で働くのは
困難な原発の敷地内。
人間が駄目ならロボットに行かせようとしても
ロボットのCPUが放射線にやられてしまいお手上げ。
しかし、今回三菱重工業が遠隔作業ができるロボット
「MHI―MEISTeR」を報道陣に公開しました。
このロボットは2本のアームの先端に配管を切断したり、
汚染コンクリートを採取したりする機能があるそうです。
一番のネックのCPUを放射線を吸着するフィルターで
保護したので対策もバッチリだそうです。
このロボットが事故の収束に繋がれば良いですね。
普通にwww.loganalysis.orgwww.segravis.orgwww.lucasschoormans.comなどのブログが読めるこの毎日も
幸せなんだと実感させられますね。
一刻も早く事故が収束し
また住民が暮らせる町になる事を願っています。